ホワイトハットSEO

BLACK HAT SEO

今回取り上げている、ホワイトハットSEOと対応する言葉です。

検索エンジンに引っかかるように、あるいは上位表示してもらえるように行うSEO対策の中で、Google等の利用規約やガイドラインに乗っ取っている物をホワイトハットSEO、反しているものをブラックハットSEOと呼びます。

具体的な手法として、意味不明な文章の羅列をBlog記事に沢山書いて、そこから単語を抽出して順位を上げたいページにリンクを貼ったりする"ワードサラダ"

テキストをCSS等で隠して、別の意図で検索させたりする"隠しテキスト"

ユーザーに提供しているコンテンツとは別のコンテンツを検索エンジンに認識させる"クローキング"

ページのコンテンツ部分に、過度にキーワードを含める"キーワードスタッフィング"

普通にブラウザで見ていると見えないようになっているが検索エンジンのクローラーにはわかる形でリンクを埋め込む"隠しリンク"

大量のサイトが各サイトの間で大量に相互リンクしている状態にする"相互リンク"やリンクファーム"など沢山の手法がありますが、よい子は真似してはいけない反則技の数々です。

意図し悪意をもってやる場合だけに留まらず、知らずに手をだしてしまっている場合もありますのでWEBを制作する上で注意が必要と言えます。